予防歯科

「歯が痛くなった!」⇒歯医者さんへでは遅い

yobo_nakanosakaue
 
今でも多くの方が「歯が痛い」から歯医者さんに行くと思っていらっしゃると思いますが、本当に歯のことを考えるのであれば、実際の症状から考えるとその状況で歯科に行くのでは遅いというのが事実です。
 
痛いということは、虫歯菌によって歯のう蝕が既にある程度の段階まで進んでいるという状態です。「予防」という観点から考えれば、痛みが出るような状態まで放置をしないというのが大切なこと。
 
痛みが無い状態でも、定期的に歯科医院にご来院ください。歯の状態をこまめにチェックしていくことによって、仮に虫歯が出来てしまった場合にも進行する前に発見が可能となります。最小限の治療となる分、治療費用も最小限に抑えることができ、治療期間自体も短くすることができます。
  

予防歯科のカギはきちんとしたホームケア

予防歯科のカギを握っているのは、毎日の歯磨き。正しいブラッシングを身につけることが、予防歯科においてはとても重要となります。丁寧にお口の隅々まで綺麗に磨きあげていきましょう。歯一本一本をきちんといたわるように磨くことによって、より長く自分の歯で噛むことができるのです。

小児歯科

「今」だけではなく「これから」を見据えた治療を。

kidsdental
「子供の歯はそのうち生え変わる」と虫歯であることをあまり重要と思わない方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、健やかな成長には健やかな歯が欠かせない存在なんです。
 
例えば、右側の歯が虫歯になった場合、それをかばうようにして左側を中心に顎を使う。すると、子供の骨格はまだ発達の途中なので、顔自体にゆがみが起きてしまうことも。
 
このようなことは、きちんとしたデンタルケアをしていれば起こらないはずです。仮に、虫歯になったとしても早期にきちんと対処しておけば顔や体に与える影響は最小に抑えることもできます。
 
日常のケアを指導させていただくことはもちろんですが、より虫歯にならないような口内環境を作るお手伝いもさせていただきます。
 

シーラント

歯にある複雑な凹凸。お子様が丁寧に磨こうとしても、どうしても磨き残しが出てしまうのは仕方のないことです。シーラントは、奥歯にある溝をプラスチックで埋めていくことによって、ブラッシングで磨き残しが起こらないようにする方法です。
 

フッ素

フッ素には、歯自体を強くする効果があります。定期的にフッ素を歯の表面に塗布することで、歯を強くすることができます。
 

歯磨き指導

お子様の歯並びなど口の状態に合わせて、ブラッシングの方法を指導させていただきます。幼少期から自分自身に合ったブラッシングを覚えることによって、虫歯になるリスクを低減することができます。


お問い合わせはこちらから
検査のご予約はお電話でも承ります

診療時間
【休診日】日曜・祝日
【午前】10:00~13:30
【午後】15:00~20:30

※土曜午後の診療時間は19時まで

PAGETOP
Copyright © パール歯科医院 中野坂上|地下鉄「中野坂上駅」徒歩5分の歯医者さん All Rights Reserved.