歯周病

stage4

実は怖い病気です!「歯周病」にならないために。

一説には、30歳以上の80%が歯周病であると言われています。
歯周病の怖さは、その影響が歯や歯茎・歯肉だけに止まることが無く、身体の他の部位に対して悪さをしたり、他の病気の引き金となる可能性があるということです。
歯周病は、日常の丁寧なブラッシングやフロス/歯間ブラシによる歯間のケアによってその危険性を低下させることが可能です。より確実に歯周病予防を行うために、医院でのケアも定期的にお受けいただくことをお勧めします。

歯周病が引き起こす可能性のある病気

・肺炎

口の中で増殖した歯周病菌が、気管や肺に細菌が入ってしまうと菌が原因となり気管支炎や肺炎を引き起こす可能性が考えられます。
誤嚥(ごえん)を起こす高齢者の方は、唾液が気管へと流れ、歯周病菌も気管へと運ばれてしまう危険性が高い状態です。寝たきりの高齢者の方は、特に気を付ける必要があり、口内を清潔に保つことができるよう小まめなケアが求められます。
 

・早産/低体重児

妊娠中のお母さんに特に気を付けて頂きたいのは、歯周病と早産や低体重児に相関関係があるのではないかと報告されている点です。つわりがひどく、口の中に歯ブラシを入れることもままならないという状況に陥る妊婦さんも稀にいらっしゃることや、妊娠性歯肉炎と言われるホルモンバランスの崩れから悪化してしまう口内の炎症など妊婦さんを取り巻く状況として歯周病リスクは通常以上に高いと言えるでしょう。妊娠する前から常にお口の健康を心がけていただくことで、より安心して妊娠・出産いただけることを知っていただければと思います。
 

・心筋梗塞

慢性的に歯周病の炎症が起きていると、口内環境が正常な人と比較した場合に心臓疾患になってしまう可能性は1.8~3倍であるというデータもあります。
歯周病菌が血液を介して、全身に回ってしまい、心臓の筋肉へと酸素や影響を送るための冠状血管へと到達してしまうと、血管を狭めたり、詰まらせたりといった悪さをすることが、その原因であるとみられています。たかだか歯の病気と、歯周病を甘く見ていると最悪の結果を招いてしまうこともあるということをよく理解しておきましょう。


お問い合わせはこちらから
検査のご予約はお電話でも承ります

診療時間
【休診日】日曜・祝日
【午前】10:00~13:30
【午後】15:00~20:30

※土曜午後の診療時間は19時まで

PAGETOP
Copyright © パール歯科医院 中野坂上|地下鉄「中野坂上駅」徒歩5分の歯医者さん All Rights Reserved.